月別: 2017年6月

要所要所の注意点

査定サイトの活用を通じ、複数の不動産業者からの見積もりを募るに際しては、幾つかの注意点が見過ごせません。何より大切なポイントとして、売却希望物件に関するデータの正確かつ正直な入力が挙げられます。各業者は現地を直接目視確認する訳ではなく、エンドユーザーから入力フォームに沿って届けられる情報「だけ」を参考資料に、各社の専門業者の知識と経験と市場状況などから、概算の見積価格を提示します。この時点で誤ったデータを届けてしまえば、いざ実際の最終的な査定作業に際し「話が違う」的な展開となるリスクが避けられません。曖昧な記憶の中だけのデータではなく、可能な限り確認作業を実践から、数値面などの情報を提示してください。

また最終的な業者の選択に際しては、見積額が1番高い業者を単純に選択するのではなく、各社の公式サイトを隅々まで閲覧する、届けられたメールを通じ、顧客対応面の「質」「相性」を見極める姿勢も大切です。査定サイト経由で届けられる見積額はあくまでデータに対する事務的な回答であり、いざ実際に不動産の現金化となれば、必要となる手続きや作業も数多く、不動産業者の担当者との円滑かつ確実なコミュニケーションが欠かせません。大切な不動産の現金化だからこそ、全幅の信頼を寄せるに値する業者を冷静に選択から、まずは十分な相互信頼関係の構築が求められます。

{ Comments are closed }

査定サイトを活用する

点在する異なる不動産業者とのコンタクト連携を取り、各々から見積額の提示を取り付ける作業には、相応の時間と労力の負担が欠かせないのです。多忙な日常生活の合間を縫ってのこの作業では、比較検討する見積資料を手元に揃えるまでの間の時間経過が避けられず、正確な意味での比較検討が叶いません。この問題点をクリアするインターネット上のサービスとして近年人気を博しているのが、複数の不動産業者から同時進行で売却を希望する不動産の概算査定額が収集可能な査定サイトです。

参考例を上げますと、不動産売却の一括査定サイト「スマイスター」では最大で6社の企業から査定価格を提示してもらえます。相場の把握も出来ますし、どこに売れば一番高額になるのかを簡単に比較出来ますので、非常に便利なサイトになっています。

最大6社の優良会社が査定価格を提示するから、高額売却できる会社がわかる!相場の把握や、対応も比較できる。

そして、そのシステムも非常にシンプルです。サイトが提携する、主に大手の複数の不動産に対し、サイトに準備されたフォームに査定に必要な情報を入力から送信するだけで、その情報が一斉に各社に転送され、追って順次見積額の回答が利用者にメールで届けられる流れとなっています。

査定サイト利用者は届けられた査定額と各不動産業者の対応などを総合的に比較検討から、最終的に窓口にしたい業者を選択し、直接コンタクトを取るところから具体的な売却作業がスタートします。手元のパソコンを用いながらにして概算見積額と各不動産業者の概要などの重要な参考情報の入手が叶うメリットが見過ごせません。

{ Comments are closed }

売却方法の選択肢

私達の人生に於いて、何らかの目的もしくは事情から自己所有の不動産を売却する機会は、極めて限られているのが一般的です。何より自身と家族にとって最も高額かつ重要な財産を一旦手放す行為である以上、少しでも高額の現金化を迅速かつ確実に完了せねばならずして当然です。幸いインターネットの普及から、不動産の売却の方法には幾つかの選択肢が存在する事など、事前知識を居ながらにして確認可能な状況が整っています。こうした自身で収集した関連情報と知識から、時間的に余裕があれば、最初は然るべき不動産業者に購入者を探してもらう「媒介」での売却から、結果的に買い手が見つからぬ場合は業者に直接買い取ってもらう流れを踏む手法も視野に入ります。

ですが不動産の売却に際しては、その作業を委ねる業者への依頼に際し、幾つかの制限すなわち「決まり毎」が定められます。ここで業者の選択を誤ってしまった場合、それが売却価格や時期に大きく影響する懸念が否めません。特に業者に不動産を買い取ってもらう場合、その査定額は当然各社毎に異なりますが、この金額を同時進行で収集から比較検討する作業を全て自身が立ち回って実践するのは大変です。売却に際してはその方法のみならず、複数の業者の査定額を早い時点で確実に入手すべきであり、こちらも大きな鍵を握る事となります。

{ Comments are closed }

不動産売却に際して

購入時よりも一層慎重さが求められる上に、状況次第では必要となる金額での確実な現金化が求められるのが不動産売却です。具体的に不動産売却に至る経緯や事情、目的は各々異なりますが、購入時とは全く異なる視点からの、慎重かつ迅速確実な判断が欠かせません。十分な予備知識や確認産業を怠り、対応を委ねた業者の言うがままに低価格で売却しまい、暫しの時間の経過後にその事実に気づかされるも、時既に遅しといった展開は水面下で数え切れず、加えての「売り手側」なる、エンドユーザーとしては不慣れな立ち位置が影響して不思議ではありません。

何より時価評価額なる、ある意味曖昧な販売価格を基準にせざるを得ず、その理由や裏付けに関しても、窓口となる不動産業者の査定と説明を信用するしか無いのが現実です。更には仮に売却を委託した場合、契約内容によっては所有者自らの売却活動が制限され、全て担当業者に委ねねばならぬ規約が適用される場合もあり、実際にどのような状況なのか、定期的な報告を待つしか出来ないとなれば、精神面の不安感やストレスも否めずして当然です。

こうした状況となる1番の理由として、売り手側である我々が、不動産売却に際しての予備知識の十分な確認作業を怠り勝ちな、いわゆる自業自得的な部分もゼロとは言えません。ここでは以下、賢く確実な不動産売却を完了すべく、査定サイトを活用して見積もりを比較する方法と、この作業を通じて得られるプラスアルファのメリットについて説明させていただきます。

{ Comments are closed }