点在する異なる不動産業者とのコンタクト連携を取り、各々から見積額の提示を取り付ける作業には、相応の時間と労力の負担が欠かせないのです。多忙な日常生活の合間を縫ってのこの作業では、比較検討する見積資料を手元に揃えるまでの間の時間経過が避けられず、正確な意味での比較検討が叶いません。この問題点をクリアするインターネット上のサービスとして近年人気を博しているのが、複数の不動産業者から同時進行で売却を希望する不動産の概算査定額が収集可能な査定サイトです。

参考例を上げますと、不動産売却の一括査定サイト「スマイスター」では最大で6社の企業から査定価格を提示してもらえます。相場の把握も出来ますし、どこに売れば一番高額になるのかを簡単に比較出来ますので、非常に便利なサイトになっています。

最大6社の優良会社が査定価格を提示するから、高額売却できる会社がわかる!相場の把握や、対応も比較できる。

そして、そのシステムも非常にシンプルです。サイトが提携する、主に大手の複数の不動産に対し、サイトに準備されたフォームに査定に必要な情報を入力から送信するだけで、その情報が一斉に各社に転送され、追って順次見積額の回答が利用者にメールで届けられる流れとなっています。

査定サイト利用者は届けられた査定額と各不動産業者の対応などを総合的に比較検討から、最終的に窓口にしたい業者を選択し、直接コンタクトを取るところから具体的な売却作業がスタートします。手元のパソコンを用いながらにして概算見積額と各不動産業者の概要などの重要な参考情報の入手が叶うメリットが見過ごせません。

Pocket